美容について

豊胸手術はヒアルロン酸注入でも可能

自分の体にメスを入れていくことによってバストアップを行っていく豊胸手術というのは、麻酔を注入して行われるので痛みは無いと思われるかもしれません。
最近ではメスを一切使わないヒアルロン酸による方法も多く用いられており、活用している人も多くなっています。
ヒアルロン酸を注入していく方法で手術を行った時には、注入しているヒアルロン酸が徐々に体内へと吸収していきます。
すると豊胸の効果というのも次第に薄れていってしまいます。
したがって持続する期間というのも限定的で、美容外科などのクリニックそれぞれで注入していくヒアルロン酸を代えているということもあります。
持続する期間は、一般的には1年から2年となっています。
そして献血豊胸という方法も最近では増えてきています。
PRP/PPPジェルというジェルを利用して行っていきますが、期間も数年持続する人もいれば数ヶ月しか持たないというケースもあります。
これも痛みがほとんどない施術となっていますので、本当に効果があるか医師と相談していくようにしましょう。
これらの豊胸手術では痛みがほとんどありませんが、持続性を高めていかなければなりません。
医師の過去の実績などを、事前にホームページなどで確認していきながら、効果を持続できるかチェックしていきましょう。

Copyright(c) 美容 All Rights Reserved.