banner

美容について

胸のハリを生理中に感じたときの対応方法

banner バストは女性ホルモンと非常に密接な関係となっています。
1ヶ月間で女性の体というのは大きく変化していくこともありますが、生理前になると気分があまり優れない状態になったり、体がついついむくんでしまう状態になってしまいます。
しかしバストアップも一緒に体験しますので、胸のハリを感じるのは喜ばしいことなのかもしれません。
大きく影響しているのがプロゲステロンという成分です。
この成分は排卵を行った後で分泌されていく女性ホルモンになりますが、水分を体内に溜めていくことができます。
プロゲステロンを子宮の内膜で作用させていくと受精卵が次第に着床していくようになります。
これは水分が影響しており、内膜が柔らかくなって行くためです。
受精卵の侵入を受け入れていくようにもなります。
これが胸のハリの正体となっていきます。
とりわけ妊娠をしていないような状況では、プロゲステロンが排卵した後7日ほどで分泌量が徐々に減少していきます。
生理でも終了後は元の大きさにバストが戻っていきますので、一時的なものであると感じてしまうでしょう。
女性らしい丸みはエストロゲンが働いているためで、女性ホルモンに関わっていきます。
女性ホルモンが周囲の脂肪をしっかりとバストに反映させていきますので、アフターケアを丁寧に継続して行いましょう。

男性用スキンケア「ジーヴ」

体臭改善

太ももの脂肪をしっかり落とす

永久脱毛治療なら医療機関に

大阪のRE∞DOで楽しくダイエット

banner

Copyright(c) 美容 All Rights Reserved.